2010年06月28日

多汗症とストレスの関係

今日はたまたま朝早く6時くらいに目が覚めてしまい、ランニングに行ってきました。もう夏ですね、滅茶苦茶暑かったです!
帰ってからシャワーを浴びたのですが、シャワーから上がっても汗がなかなか止まりません。
結局汗がひくのに30分以上かかりましたよ・・・

多汗症なのでしょうかね。

っということで今日は多汗症について解説いたします。


多汗症とはさまざまな原因により、エクリン汗腺より多量の発汗が起きる症状のことで、全身にたくさんの汗をかく全身性多汗症と、手のひらや足の裏、わきの下や頭、顔と、限られた部位に、多量の汗をかく局所性多汗症があります。

その原因について、最も一般的なものは、緊張や不安のため、
手や足から大量の汗がでる、精神性発汗型多汗症です。

ストレスや緊張のために、自律神経のバランスが崩れ、交感神経が副交感神経よりも優位になるため、汗腺の働きが活発化して発汗を促します。
交感神経の反応が敏感な人ほど、発汗しやすく、多汗症になりやすいようです。

精神的なことが原因で多汗症になってしまう人の多くは学校や会社、または通学・通勤途中で症状がでて、帰宅途中や家の中では症状がでないという特徴があります。

そういった特徴から、神経質で几帳面な人や完璧主義者や潔癖症、自己抑制をしすぎる人、マイナス志向の人などが、多汗症になりやすいと言えるでしょう。
その点では私は大丈夫そうですね。楽天家で適当ですから(笑)

しかし汗をかくことはとても大事だということも覚えておいてください。→汗と薄毛の関係について
ラベル:多汗症 ストレス
posted by よし at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | └ ストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

トマトを食べるとストレス解消になる!?

トマトストレス解消に良いという話を御存じでしょうか?

なぜトマトストレス解消に良いかといいますと、トマトにはGAVA(ギャバ)という成分が含まれています。
このGABA(ギャバ)とはセロトニンなどと同じ脳内の神経伝達物質のひとつで、脳の神経が興奮し過ぎないように抑制する効果がある物質といわれています。

つまり、ストレスを軽減する効果があるということです。

GABA(ギャバ)はいろいろな食品に含まれています。たとえば身近なものではトマトなおの野菜(かぼちゃ・なすじゃがいもなど)や果物(ぶどうなど)があります。

またGABA(ギャバ)の効果はストレス軽減だけでなくリラックス効果もあるそうですよ。GABA(ギャバ)を使用した医療用の医薬品もあります。おもに頭部外傷の後遺症として頭痛や記憶障害などの症状に用いられています。

中でもトマトはこのGABA(ギャバ)を非常に多く豊富に含んでいるのでたくさん食べている方でしたらかなりの量を摂取できているといえます。トマトをたくさん食べることでGABA(ギャバ)の効能や効果を実感できると思うので、なんとなイライラしたり、ストレスがたまっている方は、トマトを毎日食べるようにしてみてはいかがでしょうか。薄毛に一番良くないと言われているストレスをできるだけ溜めないようにしましょう!

「新健康家族「ギャバ200」150g」の詳細を見る

posted by よし at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | └ ストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

春の入社・入学・転勤で薄毛が進行する!?

だいぶ暖かくなってきました、もう春ですね。
しかし、残念ながら景気が回復する見込みはまだ見えてきませんが、それでも桜は咲き、春4月は確実に訪れます。

大学や専門学校の新入生、就職氷河期を何とか突破して社会人1年生になる人など、多くのフレッシュマンが生まれ、同時期には社内の転勤、異動、さらには転職する人も。つまり、もうすぐ新しい環境でスタートを切る方が、ぐっと増えるシーズンというわけです。不安を抱えつつも、4月を心待ちにしている方はきっと多いことでしょう。

しかし、そこで警告をひとつ。春から新しい環境に身を移すあなたが、もし薄毛に悩んでいるとしたら…未知の環境で生まれるかもしれない“ストレス”には要注意。そう、ストレス薄毛の大敵だからです。

個人差はありますが、大なり小なりストレスが生まれ、ひいては頭皮の毛細血管が収縮しがちになり、毛根や髪の毛に栄養が行き届きにくくなることが考えられます。




【春の薄毛対策】

1)しっかり睡眠時間を確保する
疲労をできるだけ溜め込まないためには、できるだけしっかり睡眠を取っておくことが大切です。就寝と起床時間をできるだけ同じ時間に統一し、生活のリズムを崩さないことで、不眠症が避けやすくなる効果も。

ちなみに夜22時〜深夜2時の間は、副交感神経が最も活発化し、成長ホルモンが大量に分泌される時間帯。この間に睡眠を取れれば(平日は難しければ、23時に就寝するなどアレンジも可)、効率的なヘアケアもできます。


2)リラックスする時間をキープする
リラックスすることがストレス解消に効く。これは誰もが知っていることですね。入浴、スポーツ、読書、音楽、あるいはお酒(飲み過ぎ、〆ラーメンなどは御法度ですが)など、思い思いのリラックスタイムをきっちり取るようにしましょう。



3)頭皮を清潔に保つ
ストレスが溜まると、頭皮の血行不良となり、毛細血管へ栄養が行き渡りにくくなります。ひどくなると、毛穴に皮脂汚れ、ホコリなどが溜まりやすくなることも。
そこで大切になるのがシャンプーです。朝シャワーを浴びてそこでザッと洗うのではなく、夜、長めに入浴してリラックスしつつ、しっかり泡立てたシャンプーでゆっくり優しく頭皮を洗い、最後にきっちりすすいでください。


4)プロの手による頭皮マッサージで癒される
頭皮マッサージは血行を良くし、リラックス効果からストレス解消にもつながるもの。
この際、プロの手によるインド式チャンピサージはどうでしょう。
水もオイルも使わないので、スーツ姿の営業マンでも、上着を脱ぎ、ネクタイをゆるめればマッサージを受けることができます。リラックス効果も高いですよ。
ラベル:ストレス 薄毛
posted by よし at 23:11| Comment(1) | TrackBack(0) | └ ストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

ストレスにかかりやすいタイプ

薄毛の原因となるストレス
そのストレスになりやすいタイプは大きく分けて4つあると言われています。


1.真面目几帳面タイプ

ストレスに陥りやすいタイプのなかで一番多い。完全主義者が多く、適当に妥協することができず、責任感も強いので、何もかも自分で背負い込んでしまう。いつも精神的緊張感があり、少しでもうまくいかないと、落ち込んでストレス状態に。


2.内向的消極的タイプ

誘われたときに「No」と言えない人は、言えない自分を反省してストレスに悩まされてしまう。内面的でおとなしい人がこのタイプ。いつもこの調子でいると、自己嫌悪の気持ちがたまっていき、ストレスヘと進んでいく。


3.頑固厳格タイプ

頭ごなしに決めつけたり、威圧的な態度をとる人は、ストレスをためやすいタイプ。がんこなゆえに他人のミスが許せず、誰かが失敗するとすぐカッカしてしまう。この怒りがストレッサーとなり、ストレスに陥ってしまう。


4.とりこし苦労タイプ

とりこし苦労ばかりしている人は「うまくいくかな、大丈夫かな」といつも不安な状態なので、心がやすまるひまがない。不安はストレス状態を引き起こす要因になるので、このタイプはいつも不安というストレッサーに怯えている。

ラベル:ストレス 薄毛
posted by よし at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | └ ストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

ストレスによる精神的な薄毛・抜け毛

ストレス薄毛・抜け毛の原因となります。ストレスによる代謝の異常やストレスによって筋肉が収縮して血管が細くなり毛根部に栄養分が十分運ばれなくなり、髪が育たなくなるなどいろいろな説がありますが、現時点ではどのような仕組みで起きているのかはっきりとはわかっていません。

特に円形脱毛症の一番の原因はストレスだと言われています。

薄毛を気にしすぎることもストレスになります。薄毛の人なんて世の中にたくさんいるので恥ずかしいものではないことを認識し、あまり気にしないように心がけることが重要です。

これからがんばって努力すれば大丈夫です。
一緒にがんばっていきましょう!!
posted by よし at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | └ ストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

ストレスと髪の関係

現代社会では日々の生活の中で、少なからずストレスを感じている人は多いでしょう。
ストレスは私達の健康に様々な影響を及ぼすことはよく知られていますが、髪の悩みである「抜け毛」や「薄毛」とも密接に関係しています。

ストレスを感じると、自律神経が緊張して体の血行が悪くなります。
そうすると当然頭皮の血行も悪くなり、髪を成長させる毛母細胞に栄養が十分に行き届かなくなってしまいます。そのような状態が長く続くと、毛が細くなったり抜け毛が増えたりといった状態になってしまいます。

また、強いストレスは私達の体にアドレナリンをたくさん分泌させます。
アドレナリンが過剰に分泌されると、活性酸素が増加して皮脂腺の働きも活発化します。皮脂腺から余分に皮脂が分泌されるとやがてそれが塊となり、毛穴を塞いで抜け毛の原因になってしまうのです。

ストレスはこのように髪にとって悪影響を及ぼしますが、抜け毛や薄毛で悩んでいる人は、髪の問題自体をストレスに感じている人も多いのではないでしょうか。
毎日抜けていく髪をみて気分が落ち込んでしまったり、元気をなくしてしまったりといったことはないですか?

ストレスを感じて抜け毛が増える・・、そして抜け毛の増加がさらにストレスとなり抜け毛が増えていく・・・。これでは悪循環ですよね。

髪のことを気にしないように、というのはとても難しい問題ですが、なるべく気にしないように努力することは大切ですよ。

お家でのシャンプーや頭皮マッサージなどのヘアケアは十分に行い、抜け毛対策については自分でできる限りのことは行っている、と満足感を持って考えるようにしましょう。

また、趣味を楽しむようにしたり、体を動かしたりすることも大切です。
楽しいことをしている時間は、髪のことも日頃のストレスのことも考えなくて良いですよね。
体を動かして心地よい疲れを感じると、質の良い睡眠をとることができます。
質の良い睡眠はストレス解消にも効果的ですし、抜け毛予防としても良いものです。

前向きな気持ちを忘れずにいることが大切です。
posted by よし at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | └ ストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

ストレスと抜け毛

ストレス抜け毛はかなり密接な関係がある。若年性脱毛症の増加の大きな原因の一つがストレス!とよく言われていますが実際にはどうなんでしょうか?

広く知られているのが男性ホルモン関与説です。
毛乳頭や皮脂腺に存在する5αリグクターゼと呼ばれる還元酵素が、男性ホルモンの1種であるテストステロンと結合し、5αデハイドロテストステン(5α-DHT)となり、タンパク質合成の阻害や皮脂分泌過剰を引き起こし、男性型脱毛を引き起こす原因になるといわれています。

そして、ストレスによる心的負荷が高まるとテストステロンの分泌量が増え、より活性した5α-DHTが頭髪(特に前頭部)の毛母細胞活動を著しく低下させてしまうというものです。

なお、体毛が濃い方に頭髪が薄い場合が多いのは、そのためだといわれています。

仕事の環境や個人の気性的に難しい場合もあるかもしれませんが、平常心を保ってリラックスすることを心がけたり、ポジティブな思考を鍛練することは髪の毛にもとても大切な事なんですね。


甘いものでも食べてストレス発散しましょう。

posted by よし at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | └ ストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。